取り組み|CSR情報|藤倉化成

取り組み

基本方針

藤倉化成グループの行動基準

( サステナブル経営と製品開発 )

1. 私たちは、サステナブル経営の実現に向け、各社の業態に応じた経営計画を達成することで、企業価値を最大限に高めていきます。
2. 私たちは、継続的に研究開発に努め、優れた製品・サービスを提供します。

( 法令・社会規範の順守 )

3. 私たちは、法令順守はもちろんのこと、事業を展開する国や地域の文化・習慣を尊重し、社会の良識に従って行動します。

( 基本的人権の尊重 )

4. 私たちは、基本的人権並びに個性を大切にし、いかなる差別をも排除します。
5. 私たちは、ハラスメントの無い職場を作ります。
6. 私たちは、間接的にでも戦争や内戦に加担する行為や反社会勢力との関わりは行いません。

( 取引の公正 )

7. 私たちは、ステークホルダーのそれぞれの声に配慮し、適正で透明なパートナーシップを構築します。

( 安全衛生 )

8. 私たちは、労働安全衛生マネジメントシステムを構築し、安全・健康を優先して仕事に取り組みます。

労働安全衛生方針(PDF 312KB)

( 環境保全 )

9. 私たちは、環境マネジメントシステムを構築し、事業プロセスによる環境負荷の低減と環境対応製品の創出による環境貢献に努めます。

環境方針(PDF 310KB)


( 品質 )

10. 私たちは、品質マネジメントシステムを構築し、顧客満足度の向上を目指します。
11. 私たちは、化学品管理マネジメントシステムを構築し、法令などに指定された管理を行うことで、化学品による健康障害などの防止を図ります。
12. 私たちは、事業継続計画を策定し、お客様への安定的な製品の提供に努めます。

品質方針(PDF 299KB)

( 情報の開示と管理 )

13. 藤倉化成グループに関する情報は、適時適切な方法により公開します。
14. 私たちは、厳重で適切な情報セキュリティ管理により、管理すべき情報の漏えいを防ぎます。
15. 私たちは、会社の財産(知的財産を含む)を適切に管理・運用するとともに、他社の財産侵害は一切行いません。

( 社会貢献 )

16. 私たちは、地域との対話と活動を通して、地域社会に貢献します。


コーティング・ケア

コーティング・ケアとは

塗料・印刷インキ業界独自の「環境」「安全」「健康」に関する自主管理活動で、日本では1998年10月に「コーティング・ケアに関する基本方針」が発表され、日本版「コーティング・ケア」が誕生しました。
取り組みとしては、具体的管理項目を4つの管理指針とし、エネルギー消費、PRTR報告、労働災害、産業廃棄物などの管理と共に地域社会への情報提供などを行う、環境・安全・健康管理プログラムとなっています。

実施宣言

当社はこの取り組みの趣旨に賛同し、2001年7月、いち早く実施を宣言し、以下の方針を掲げて活動しています。

  • 1)環境・安全・健康に配慮した「優れた商品の提供」
  • 2)環境・安全・健康に配慮した「創意ある事業活動」
  • 3)環境・安全・健康に配慮した「パートナーシップの構築」
コーティング・ケア実施宣言

4つの管理指針と長期計画

  • 製造管理指針
    完全無災害風土の定着、いきいき職場づくり、工程の安全性確保
  • 運送・配送指針
    委託業者との強固なパートナーシップ構築
  • 製品生涯管理指針
    ライフサイクルアセスメントに基づく設計開発、グローバル化学物質管理体制の確立
  • 地域社会責任指針
    災害時地域貢献策の策定、地域交流・活動への継続的参加

行動計画

次世代支援育成(PDF 102KB)


女性活躍推進(PDF 120KB)