エビ養殖における最も重要な管理業務の1つとして、疾病のコントロールが挙げられます。
"シュリンプル"シリーズは、このエビの疾病を現場で簡易かつ早期に発見し、養殖マネージメントをサポートする非常に有効な疾病検査ツールです。検査時間は20分以内で、長期常温保存が可能であり、養殖現場での疾病の早期発見を実現しました。

特徴

  • 養殖現場で誰でも簡単に使用出来ます。
  • 20分で測定結果が分かります。
  • 測定結果は目視にて確認できるので、特別な測定装置を必要としません。
  • エビ養殖池のコスト管理手段として有効です。
  • キットは室温保存が可能です。
  • モノクロナール抗体を利用した検出方法です。

原理

シュリンプル(測定原理)


シリーズラインナップ

シュリンプル for WSSV

シュリンプル for WSSV

カタログ(キットマニュアル)

開発中商品

シュリンプル for TSV


参照

ASIAN Aquaculture MAGAZINE Nov/Dec 2003 p25-27. (英語)


測定操作手順

測定操作手順

1.サンプリング

  • 死んだエビ又は弱ったエビを採取します。
  • 採取したエビを清水で水洗いし、遊泳脚を 付け根から切断して、マイクロチューブに入れます。

2.サンプル磨砕

1回の測定に必要なサンプル量は以下の通りです。

エビの大きさ サンプル部位 必要なエビの数
PL7 全身 20
PL10 以下 全身 10
PL20 以下 全身 5
0.05g 以下 全身 2
0.1g 以下 全身 1
0.5g 以下 頭及び甲皮以外の全身 1
2g 以下 全ての足 1
3g 以下 全ての遊泳脚 1
5g 以下 遊泳脚 5本 1
10g 以下 遊泳脚 3本 1
20g 以下 遊泳脚 2本 1
20g 以上 遊泳脚 1本 1

* 1測定当りのサンプル量は、約 0.1gです。

3.サンプル滴下

  • 遊泳脚をマイクロチューブに入れ、スティックで10回以上つつき細かく磨砕します。
  • 磨砕後、マイクロチューブを約5分間放置します。
  • マイクロチューブ内の上澄みをドロッパーで取り、測定デバイスに4滴を滴下します。

4.結果判定

測定デバイスへのサンプル滴下15分後のバンド出現パターンで判定します。

  • 陰性・・・バンドは1本のみ現れます。(コントロールラインのみ)
  • 陽性・・・2本のバンドが現れます。(コントロールライン及びテストライン)

使用例


お問い合わせ