核内受容体・コファクターアッセイシステム(RCAS)とは?

核内受容体・コファクターアッセイシステム(RCAS:Nuclear Receptor Cofactor Assay System) は、 96穴マイクロタイタープレート上に固定化したコファクター(コアクチベータ、コリプレッサー)と更に結合して生成するリガンド・受容体・コファクター複合体の生成量を測定するアッセイ法です。
健康食品素材や医薬品素材の探索に有用なツールです。

RCAS原理


ラインナップ

ラインナップとして乳癌・骨粗しょう症や生活習慣病のターゲットとして知られている核内受容体を中心に受託サービスおよび測定キットとして提供しています。

  • 受託サービス : 積水メディカル(株)様により提供されています。
  • 測定キット : 詳細は以下の通りです。
  •  *上記サービス並びに測定キットは、2017年12月末をもちまして販売中止とさせていただきました。

キット特徴

  • アゴニスト、アンタゴニストの区別が可能です。
  • 全行程で、操作時間は約3時間で終了します。
  • 操作方法、必要器材は抗体を用いた比色ELISA法と同様です。
  • 放射性物質、蛍光物質を利用していないため、特殊な装置や設備は不要です。
  • 96穴マイクロタイタープレートを利用している為、多数のサンプルの同時測定が可能です。
  • プレートはストリップタイプ(12wells/strip)となっていますので、分割使用が可能です。

キットラインナップ

商品コード 商品名 仕様 説明書
ダウンロード
価格*
ERA-SRC EnBio RCAS for ERα 96well x 1plate PDF ver.1.1 100,000円
ERB-SRC EnBio RCAS for ERβ 96well x 1plate PDF ver.1.1 100,000円
ERB-SRC EnBio RCAS subtype set for ER(α,β) 96well x 1plate
x  2(セット商品)
- 160,000円
PPARA-CBP EnBio RCAS for PPARα 96well x 1plate PDF ver.1.1 100,000円
PPARG-CBP EnBio RCAS for PPARγ 96well x 1plate PDF ver.1.2 100,000円
PPARD-CBP EnBio RCAS for PPARδ 96well x 1plate PDF ver.1.1 100,000円
PPARS-CBP EnBio RCAS subtype set for PPAR (α,δ,γ) 96well x 1plate
 x 3 (セット商品)
- 240,000円
LXRA-SRC EnBio RCAS for LXRα 96well x 1plate PDF ver.1.1 100,000円

*希望小売価格(税抜き)


実証データ


キット 操作方法

RCASキット操作方法(詳細)ダウンロード(PDF ver. 1.6 : 370KB)


RCAS掲載論文

  • Effects of amide constituents from pepper on adipogenesis in 3T3-L1 cells
    Hailong Zhang, Hisashi Matsuda, Seikou Nakamura and Masayuki Yoshikawa
    Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters, 2008 Jun, 1;18(11):3272-7
  • New scaffolds for the design of selective estrogen receptor modulators
    Sonsoles Martin-Santamaria, Jose-Juan Rodriguez, Sonia de Pascual-Teresa, Sandra Gordon, Martin Bengtsson, Ignacio Garrido-Laguna, Belen Rubio-Viqueira, Pedro P. Lopez-Casas, Manuel Hidalgo, Beatriz de Pascual-Teresa and Ana Ramos
    Organic & Biomolecular Chemistry, 2008, 6, 3486-96
  • Tectoridin, a poor ligand of estrogen receptor alpha, exerts its estrogenic effects via an ERK-dependent pathway.
    Kyungsu Kang, Saet Byoul Lee, Sang Hoon Jung, Kwang Hyun Cha, Woo Dong Park, Young Chang Sohn and Chu Won Nho
    Mol Cells. 2009 Mar 31;27(3):351-7.
  • Estrogenic Effects of the Herbal Formula, Menoprogen, in Ovariectomized Rats
    Hong Ma, Mi Hwa Chung, Ye Lu, Tsutomu Nishihara, Masao Hattori
    Biological & Pharmaceutical Bulletin. 2010;33(3):455-60

お問い合わせ