事業展開

事業領域

創業当初からの塗料と樹脂材料に加え、新たに体外診断薬関連製品が加わり、藤倉化成の事業領域は一段と広がりを見せています。

コーティング事業はプラスチック素材に対するコーティング材を主力製品とし、自動車部品や家電製品、化粧品容器、農業資材、ホビー用品など、幅広い分野を対象としています。
塗料事業は住宅外壁用塗料を中心に、戸建住宅の新築物件から塗り替え(リフォーム)工事まで、外壁塗料を一貫して手掛けています。
電子材料事業は「ドータイト」ブランドのもと、ペーストや接着剤、シールドなど様々なタイプの導電性樹脂材料を電気・電子機器分野に提供しています。
化成品事業は樹脂材料を扱う事業で、粘着剤やプリンタトナー用樹脂をはじめ、成形材料、ステーショナリー材料、電子部品材料など多くの市場に参入しています。
メディカル材料は樹脂合成技術の応用から発展し、体外診断薬に関連する材料や試薬、診断キットなど、医療分野での事業開拓を進めています。
合成樹脂事業は当社子会社が担い、合成樹脂原材料や加工製品の販売をしています。

藤倉の木

基幹技術

塗料系製品の主要技術

  • 原材料の配合技術
  • 顔料の分散技術
  • 塗料の塗装・印刷技術
  • 塗膜の乾燥・硬化技術

塗膜性能を考えて塗料を創るだけではなく、どのように使われ、塗膜になるのか。塗料を使うお客様の工程を考えた製品開発を支える技術です。

樹脂材料系製品の主要技術

  • 化学組成を制御する重合・合成技術
  • 微粒子粉体を造る粒子制御技術
  • 異なる材料をつなぐ複合化技術

化学的な構造制御だけでなく、溶剤系樹脂溶液、水系樹脂溶液、粉体状個体樹脂などの物理的な形状を調整する技術が、様々な用途への展開を支えています。


グローバル展開

コーティング事業を中心とした藤倉化成のグローバル展開では、日・米・英の主要3社を中心に、藤倉化成グローバルネットワーク(FGN)を構築しています。普遍的な技術や製品を共有しつつ、地域性がある各地の市場ではその地域の企業が対応することで、全世界において同一品質の製品とサービスを提供しています。

グループ企業ページへ

FGK

マネジメントシステム

藤倉化成はグローバルスタンダードのISO9001(メディカル材料部を除く)、ISO13485(メディカル材料部にて)、ISO14001、OHSAS18001を全社で認証取得し、品質、環境安全、労働安全衛生において自らを律するとともに外部の視点を導入し、企業としての社会的責任を果たしています。

JMAISO9001